FC2ブログ
ハナエのHappyLife☆
アナログだった私がブログに挑戦! 趣味のお花やお料理等日々の生活を綴ります。 癒しや笑いのあるブログにできればと思います♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卵アレルギー
先日、ななちゃんの肌が赤く湿疹ができていたので、病院に連れて行ったところ

卵アレルギーが発覚してしまいました

産まれた時から、何度か湿疹を繰り返していて、何かアレルギーがあるんじゃないか

と気になっていたので、卵と小麦と牛乳のアレルギー検査をしてもらったんです。

すると、卵に反応してしまいました

食物アレルギーについてネットで調べてみました。
         ↓

卵アレルギーが気になる時は?

卵アレルギーは、現在アレルゲンとして最も多くあげられる食品のひとつです。アトピー性皮膚炎をはじめ消化器官や皮膚にアレルギー症状などの症状から検査を行うと、食物にアレルゲンがあることを示す場合が多くあります。中でも2007年現在、「卵」に対して反応が出ることが最も多く、除去をはじめる人が増えています。

成人よりも乳幼児期に多くみられる
卵アレルギーは、症状があっても早い時期に適切な除去食を行うことによって、「腸の負担を少なくし、他の食品から引き起こされるアレルゲンの発症を減らす」と言われています。また、成長とともに減少していくと言われ、成人よりも乳幼児期に多くみられます。

一方、赤ちゃんの時に食物アレルギーがあっても、2~3歳頃には良くなることが 多いので、いつまでも食物除去を続けることは必要がないことがあります。
信頼できる医師に、いつまで除去を続ける必要があるのか、よく相談して下さい。 特定の食物に対してアレルギーがあっても、生で食べるとアレルギーを出るが、 よく加熱してから食べれば大丈夫なこともありますので、調理法などを工夫して、 食べられる方法があれば食べさせましょう。


現在、完全母乳の為、小児科でママがなるべく卵を食べないようにと言われ、

さっそく除去食を実行しています。

思っていたより、色んな食材に卵が入っていることに驚きました!!!

ケーキはもちろん、菓子パン、練り製品(はんぺん、かまぼこ、ちくわ、すり身など)のつなぎ、ラーメンなどの麺類、お好み焼き、揚げ物等など。

こうなってくると、やっぱり、手作り卵抜き料理が一番かな。

あまり神経質にならずに、意識した食生活を送りたいと思います。

生きていく上で、大切な食事。日々、意識を向けて生活する。

子供が産まれて学ばされることが多い今日この頃です。


DSCF1286.jpg

   (ママ、私の為に、体にいいものいっぱい食べてね♪)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。